エアロビクスダンス

スポーツジムの鏡張りのスタジオで、音楽に合わせて体をたくさん動かし発汗をして、この運動のことをエアロビクスダンスと呼んでいれうのは、ここから生じているのです。これら2つの運動はそれぞれ、エネルギー源の相違があります。無酸素運動では、得に糖質から製造されたグリコーゲンを使用します。しかし、グリコーゲンは体内中に多く貯蔵しておくことはできません。短時間で、この燃料は底をついてしまうのです。だから、何キロも全力疾走を続けたり、非常に重たいバーベルを長時間持ち上げ継続したりすることは無理なのですかね。