運動の習慣

運動の習慣運動をすれば、その時に余分な脂肪は消費されていきます。さらに運動により体内中の筋肉量が増します。脂肪という燃料や燃やされる焼却炉は筋肉なので、筋肉が増加されれば自然に、脂肪はよりたくさん多く燃焼することになるのです。


つまり、燃費の悪い体のでき上がりですね。しかし、何でもよいとやみくもに体を動かしてもうまくいきません。それどころか、下手をすると関節や筋肉を痛めたり、ケガをするかもしれません。運動によって生じた体のトラブルを「スポーツ障害」と言います。