脂肪肝

脂肪肝内臓脂肪は正しくは、臓器と言うことは出来ませんが、限度なくその体積を増すことは出来ます。重量から言ってみると、肝臓の比ではありません。肝臓に30%以上の中性脂肪が蓄えられた状態を脂肪肝と定めています。ということは、400gほど肝臓に脂肪がつくことにより、脂肪肝になってしまうのです。


実際、臨床においてたくさんの患者さんに接していると、体重を1㎏減量することにより脂肪肝が治る例をしばしば見ます。逆に、宴会続きでとても早く脂肪肝に後戻りする、これもよくあります。