脂肪肝

脂肪肝メタボリックシンドロームとは、高脂血症、高血圧、糖尿病が重なって症状が出たのではなく、その前に共通の発症基盤がある病態であることは理解いただけたと思います。一般的には内臓脂肪の蓄えが第1段階となり、診断基準にもそう定義されています。


しかし、私の思考では、だいたい同時、もしくは、やや先行して肝臓に脂がつくのではと推測しています。メタボリックシンドロームの本当の第1段階は脂肪肝とする思考です。肝臓の重さや量は成人で約1200~1500gと推測され、人間の体の最も大きい臓器です。