内臓脂肪と高血糖

内臓脂肪と高血糖内臓脂肪が増加すると、色々な原因が重なって糖分の代謝がうまくいかなくなり、少し高めだった血糖値がすぐに高くなってしまいます。内臓脂肪から肝臓に糖分の材料が出されて、とても多くの糖分が血液中に入ってきますが、アディポネクチンの量も不足状態になり、インスリンの働きが低下しているため増加傾向の糖を処理しきれなくなって血糖値が上昇するのです。


その状態に喫煙をすると、さらに様子が悪くなります。ニコチンの影響でインスリンが効率的に作動しないインスリン抵抗性の様子となり、血糖値を上げてしまいます。