内臓脂肪と高脂血症

内臓脂肪と高脂血症高脂血症は体に取り入れた脂質の代謝が追いつかず、残量の脂肪が血液中で増加している様子で、具体的には「中性脂肪が多くある」「総コレステロールが多くある」「悪玉コレステロールが多くある」「善玉コレステロールが少ない」といった、4種類があります。


内臓脂肪が増加しすぎるとコレステロールなどの脂質の運びをするリポたんぱくを適切に分解できなくなり、内臓脂肪を持ち込んだまま血液中に溜まっていきます。それにより、血管の壁に着いたコレステロールを取り除いてくれる善玉コレステロールも合成させず不足してしまうのです。