内臓脂肪と高血圧

内臓脂肪と高血圧内臓脂肪が増加すると通常は血液中を漂って血管の壁がもろくなったところを治してくれる善玉物質のアディポネクチンが分泌されなくなり、血管の弾力性が衰えていくために血圧はもっと高くなります。しかの、インスリン抵抗性と言い、内臓脂肪は糖分の代謝を補助するインスリンの働きを妨げます。


この状態が行進すると腎臓での塩分の再び吸収が促されて、結果的に血液量を増加してしまい、血圧が上がってしまうのです。この他に血管を収縮させるような悪玉物質を分泌するため、かえって血圧を上げてしまい、動脈硬化を進行してしまう悪循環になってしまうのです。