内臓脂肪型肥満

内臓脂肪型肥満まず、全体に対して肥満状態の値は、(BMI)よりも脂肪の蓄え場所の相違、要するに、内臓脂肪が中心なのか、皮下脂肪が中心なのかにより高脂血症、高血圧、糖尿病、動脈硬化性疾患になるリスクが相違があることが発見されてきたことです。


例をあげると、BMIが30で、今までなら肥満と診断されてきた人が皮下脂肪型肥満、良性肥満と言うのに対し、内臓脂肪型肥満は悪性肥満と呼ばれ、ほんの油断をによりメタボへの道を歩むことになります。