目次

スポンサーサイト

「不規則な生活」

「不規則な生活」脂肪肝や糖尿病、メタボ、ストレス、喫煙、お酒やみだれた生活のような生活の習慣でも、すぐ、簡単に血液の流れを悪化してしまいます。要するに、生活スタイルが血流に忠実に影響されることも分かり、とても興味があります。


しかし、たくさんの人々は血流には悪い問題があっても通常な健康診断や検査においては大丈夫で、「健康」と診断されてしまいます。しかし、そのような生活を繰り返すと、将来、メタボになってしまうのです。

ページのトップへ

半健康状態

メタボになりそうな様子を中国医学では「未病」と言っています。要するに、「健康ではないが、本当の病気でもない」、メタボになる前の半健康状態です。日本人の内の6000万人が未病である推計があります。別の言葉では、未病状態で生活習慣の門題点を改善できれば、メタボにならなくてすむのです。MC-FANは未病を発見するうえでとても有効な方法になることが期待されています。

ページのトップへ

血小板

抗血小板薬などの血液をサラサラ状態にする薬を飲んでいる患者さんの血小板の疑集の状態を知ることができます。薬の最高に効果がある投与量を知る参考になります。近年では、様々な抗酸化物質をはじめ、食品が血流に対しどういった影響を与えるかも学問として検討されていて、その有効な方法にもなっています。

ページのトップへ

メタボの大きな話題

メタボの大きな話題メタボが日本でとても話題になっているのは、色々な理由があります。まず、厚生労働省が、今から将来にかけての予防医療の中心に据えたことです。医療費抑制政策の一環として理解していると思えば、少し腹立ちますが、現在からは「医者」に頼らず、個人の「意思」が尊重される時代になったと思考すれば納得がいきます。


要するに、「自分自身の健康状態は自分で管理したり、保守する時代」となったのです。さらに、遺伝の特徴として日本人は内臓脂肪を蓄えやすい人民であることが分かってきたところがあります。

ページのトップへ

内臓脂肪型肥満

内臓脂肪型肥満まず、全体に対して肥満状態の値は、(BMI)よりも脂肪の蓄え場所の相違、要するに、内臓脂肪が中心なのか、皮下脂肪が中心なのかにより高脂血症、高血圧、糖尿病、動脈硬化性疾患になるリスクが相違があることが発見されてきたことです。


例をあげると、BMIが30で、今までなら肥満と診断されてきた人が皮下脂肪型肥満、良性肥満と言うのに対し、内臓脂肪型肥満は悪性肥満と呼ばれ、ほんの油断をによりメタボへの道を歩むことになります。

ページのトップへ

内臓脂肪と高血圧

内臓脂肪と高血圧内臓脂肪が増加すると通常は血液中を漂って血管の壁がもろくなったところを治してくれる善玉物質のアディポネクチンが分泌されなくなり、血管の弾力性が衰えていくために血圧はもっと高くなります。しかの、インスリン抵抗性と言い、内臓脂肪は糖分の代謝を補助するインスリンの働きを妨げます。


この状態が行進すると腎臓での塩分の再び吸収が促されて、結果的に血液量を増加してしまい、血圧が上がってしまうのです。この他に血管を収縮させるような悪玉物質を分泌するため、かえって血圧を上げてしまい、動脈硬化を進行してしまう悪循環になってしまうのです。

ページのトップへ

内臓脂肪と高脂血症

内臓脂肪と高脂血症高脂血症は体に取り入れた脂質の代謝が追いつかず、残量の脂肪が血液中で増加している様子で、具体的には「中性脂肪が多くある」「総コレステロールが多くある」「悪玉コレステロールが多くある」「善玉コレステロールが少ない」といった、4種類があります。


内臓脂肪が増加しすぎるとコレステロールなどの脂質の運びをするリポたんぱくを適切に分解できなくなり、内臓脂肪を持ち込んだまま血液中に溜まっていきます。それにより、血管の壁に着いたコレステロールを取り除いてくれる善玉コレステロールも合成させず不足してしまうのです。

ページのトップへ

内臓脂肪と高血糖

内臓脂肪と高血糖内臓脂肪が増加すると、色々な原因が重なって糖分の代謝がうまくいかなくなり、少し高めだった血糖値がすぐに高くなってしまいます。内臓脂肪から肝臓に糖分の材料が出されて、とても多くの糖分が血液中に入ってきますが、アディポネクチンの量も不足状態になり、インスリンの働きが低下しているため増加傾向の糖を処理しきれなくなって血糖値が上昇するのです。


その状態に喫煙をすると、さらに様子が悪くなります。ニコチンの影響でインスリンが効率的に作動しないインスリン抵抗性の様子となり、血糖値を上げてしまいます。

ページのトップへ

内臓脂肪の影響

タバコが内臓脂肪に関わっているとも言われており、吸う本数がたくさん多い人はメタボリックシンドロームの現われる率が高く出るというデータもあります。お腹の内臓脂肪が怖いのは、高脂血症、高血圧、糖尿病などの可能性が多いにあり、生死に関する動脈硬化を突然、悪くしてしまうことです。「中性脂肪が少し多い」「善玉コレステロールが少ない」「血圧や血糖値が高い」など、それぞれの数値が少なくても、内臓脂肪と連結することによってすぐに動脈硬化を発症し、いつの日か突然、心筋梗塞や脳梗塞で命をなくすことになるからです。

ページのトップへ

脂肪肝

脂肪肝メタボリックシンドロームとは、高脂血症、高血圧、糖尿病が重なって症状が出たのではなく、その前に共通の発症基盤がある病態であることは理解いただけたと思います。一般的には内臓脂肪の蓄えが第1段階となり、診断基準にもそう定義されています。


しかし、私の思考では、だいたい同時、もしくは、やや先行して肝臓に脂がつくのではと推測しています。メタボリックシンドロームの本当の第1段階は脂肪肝とする思考です。肝臓の重さや量は成人で約1200~1500gと推測され、人間の体の最も大きい臓器です。

ページのトップへ

スポンサーサイト