コールドドリンク

コールドドリンク人間の体は36.5度の体温で最も代謝が活発になる仕組みになっています。しかし、若い人を中心に36度以下の低体温の人が増えてきていて、さまざまな症状が出てきます。体温が低下すると、臓器を構成する細胞の代謝が悪くなります。心臓、血管系の働きも低下することで、血流が悪くなります。


得に皮膚表面の毛細血管や、さらに細い毛細血管の血流は影響を受けやすいのです。それが「冷え性」として現れます。炎天下の中を歩いてきて、クーラーの利いた部屋に入ると、皮膚の表面に近い血管は、温かい血液から熱を奪われることを防ぐために収縮します。