寝不足

寝る前3時間以内に食べることは、いろいろな意味で弊害が多いのです。就寝中は副交感神経が優位に立つためにエネルギー代謝が減り、食べものが体内に残る確率が高くなります。また、寝不足のFくんは成長ホルモンにも影響があります。成長ホルモンの分泌が少なくなり、糖や脂肪は体内にそのままの状態で残り、結果的に太ることになります。さらに、眠っている時に優位に立つ副交感神経が弱まり、交感神経が優位な状態が続くことにもなります。