有酸素運動と無酸素運動

有酸素運動と無酸素運動「有酸素運動」と「無酸素運動」という言葉があります。有酸素運動はマラソン、ジョギングなど長距離を走ったり、歩いたりする種目です。無酸素運動とは100m走や重量挙げなどの瞬発力を求められる種目です。無酸素運動では糖質から作られたグリコーゲンを使います。


一方の有酸素運動では、グリコーゲンは使いません。グリコーゲンは体内にたくさん貯蔵できないからです。代わりに、体に溜め込んでおいた体脂肪=内臓脂肪を血液中に流し、それを燃焼させて使います。