メタボリックシンドロームの診断基準

メタボリックシンドロームの診断基準日本ではメタボリックシンドロームの診断基準は2005年4月にできたばかりです。それによると、CTでおへその位置の腹部を輪切りに撮影し、内臓脂肪の平面面積が100平方cm以上あれば、内蔵脂肪肥満と診断します。


CT検査ができない場合は、空腹時に、立った状態で、軽く息を吐いて、「おへその位置でのウエスト回り」を測ります。その長さが男性で85cm以上、女性で90cm以上あれば内臓脂肪型肥満と診断します。


女性が男性より長くていいのは、皮下脂肪が多いためです。内臓脂肪肥満と診断された人で、高脂血症、高血圧、高血糖のうち2つ以上に異常値がある人をメタボリックシンドロームと診断します。Aさんのお腹をつまもうとしたところ、つまめませんでした。同じ脂肪でも皮下脂肪が多い人のお腹はつまめますが、内臓脂肪が多い人のお腹はつまめません。お腹がつまめないAさんは要注意ということです。