ライフスタイル

メタボリックシンドローム時代の到来は、最終的には「寝たきり長寿」を未然に防ぐいいきっかけにもなりそうです。世界にも類を見ない超高齢社会に突入した日本。できるだけ若いうちから、できれば10代から自分の健康に対して関心を持ちたいものです。逆に、あなたが60歳であってもまだ遅くはありません。少しずつでもライフスタイルの問題点を修正しながら毎日を過ごす、この積み重ねを実行、そして継続することが大切なのです。