目次

スポンサーサイト

メタボリックシンドロームにどう取り組む?

2008年度から「特定検診・保険指導」が医療保険者に義務付けられることもあり、企業からもその予防や対策について注目が寄せられている「メタボリックシンドローム」。社会的にも話題となっているためご存じの方も多いと思うが、実際に健康を考える際の1つの尺度として、改めてその意義や対策について見ていこう。


メタボリックシンドロームの診断基準が日本肥満学会、日本動脈硬化学会、日本糖尿病学会など、内科系8学会によりまとめられたのは、約2年前の2005年4月。これにより、「内臓脂肪」が生活習慣病の発症といかに密接な関係があるのかが明確にされた。


メタボリックシンドロームは、「内蔵脂肪症候群」とも呼ばれており、内臓脂肪型肥満によって、さまざまな病気が引き起こされやすくなった状態をさす。腸間膜や肝臓にたまる内臓脂肪からアディポサイトカインという物質が分泌され、これが高血圧や糖尿病、高脂血症を引き起こすというのだ。

続きはこちら>>

ITmediaより

ページのトップへ

企業が行う社員のメタボ対策

数年前からリスク管理などの側面から重要視されているメンタルヘルスに比べると、メタボリックシンドロームについて具体的な対策を行っている企業はまだ少ないようだ。とはいえ生活習慣病のリスクは無視できない。その対策に社をあげて取り組んでいる企業の事例を見てみよう。


生活習慣病やその予備軍であるメタボリックシンドロームを防ぐには、当然のことながら生活習慣の改善がカギとなる。特に内臓脂肪が要因となるメタボリックシンドロームを防ぐには、「食習慣」と「運動習慣」を見直すことが有効とされている。仕事がら一日中座りっぱなし、残業が多く食事の時間が不規則になりがち……。まずは、そんな社員のために、産業医と協力しつつ改善活動を進める企業の事例をご紹介しよう。
続きはこちら>>
ITmedia より

ページのトップへ

2008年は“健康IT”元年

正月休みは、お餅を食べたりお酒を飲んだりとなにかと太る要素が多いと思います。私自身休み中には、朝近くのグラウンドをランニングするようにして、これ以上太らないように努力しています。


「Wii Fit」で健康管理


昨年12月に任天堂の「Wii Fit」が発売され、一部の量販店では品切れとなるほど人気となりました。ゲームで体を動かしながら、健康管理をするという仕組みはまさに健康ブームに乗ったヒット商品と言えるでしょう。

メタボリック症候群の該当者にとってはつらい年


2008年4月から「特定健康診査」「特定保健指導」が義務化されます。対象は公的医療保険の加入者の40歳以上74歳以下で、健康診断でメタボリック症候群の該当者や予備軍をチェックし、保険指導を行うというものです。

メタボリック該当者や予備軍は約1900万人、そして市場は・・


2007年5月16日、厚生労働省は「平成17年 国民健康・栄養調査結果の概要について」を発表しました。「メタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)の状況について」には、“40~74歳でみると、男性の2人に1人、女性の5人に1人が、メタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)が強く疑われる者又は予備群と考えられる者”としています。40~74歳は約5700万人のうち、約1900万人が対象となります。そして「保健指導」に関連する市場は1000億円を軽く越えると言われています。

続きはこちら>>

ITmedia - 2008年1月3日より引用

ページのトップへ

メタボ対策、外食で確認 盛岡で18日講演会

盛岡市本宮の盛岡市立病院(加藤章信院長)は18日、同市盛岡駅前通のホテルルイズでグルメディカルコース「メタボ対策 上手な外食のとり方」を開く。カロリー控えめのコース料理を提供し、同院の医師と栄養士がメタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)について講演する。


 メニューは、ズワイガニと水菜のショウガあえや若鶏のグリルなど6品で、わずか約500キロカロリー。開催時間を昼時にし、ビジネスマンなども参加できるよう企画した。


 同院の糖尿病専門医が「脱メタボのため」、栄養士が「外食のヒント」と題し講演。参加者は昼食を取りながら、メタボリックシンドロームの対策について学ぶことができる。


 午後0時10分から同1時15分まで。同院総合受付かホテルブライダルコーナーで事前にチケット(2000円)を購入する。定員は50人で締め切りは11日。問い合わせは同院総務課(019・635・0101)へ。

岩手日報 より

ページのトップへ

スポンサーサイト