脂肪肝の発生

一方、食事によっても肝臓で中性脂肪が作られ、エネルギーとなります。空腹時とはほとんど同じメカニズムですが、過食をした場合、小腸から吸収された遊離脂肪酸は中性細胞に合成されます。しかし、すべての中性脂肪はVLDLの形で血液中に放出することができなくなります。VlDLを肝臓で作る力が許容量オーバーに陥ってしまうからです。すると、どうなるのでしょう。肝臓に中性脂肪として蓄積すてしうまい、脂肪肝を形成することになります。暴飲暴食は、いとも簡単に脂肪肝を発生させます。