エネルギー源

エネルギー源遊離脂肪酸は、肝臓で中性脂肪に合成されます。この中性脂肪がエネルギー源となるのですが、脂である中性脂肪は、水分が多くを占める血液には溶け込むことはできません。


そこで、たんぱく質などどけ結合して水溶性のVLDLという形に一時的に変身するのです。VLDLの中には、もちろん中性脂肪が多く含まれています。VLDLが筋肉などに到達すると「リポたんぱくリパーゼ」という酵素の働きで中性脂肪に分解されて、エネルギー源として使用されるシステムになっています。ずいぶん、回りくどいですね。