肝臓

肝臓肝臓は人体のすべての代謝の中心にある臓器です。そこに流れ込む血液の多くは門脈から供給されています。そんなことからも、内臓脂肪は単なる脂ではないことが見われます。


事実、他の脂肪細胞とは比べものにならないほど、生化学的、免疫学的にも活躍しています。また、脂肪合成、脂肪分解がともに非常に活発な脂肪組織です。たとえば、空腹となり、体がエネルギーを必要としています。すると、内臓脂肪が「遊離脂肪酸」に分解されて、門脈を通して肝臓に運ばれます。