肥満の原因

metabo48.jpg炭水化物は人間の体の主要なエネルギー源で、即効的に体を動かすことに使われる特性があります。しかし、必要以上に摂りすぎると体脂肪として蓄積されてしまいますので、当然のことながら肥満の原因となります。得に、今回のテーマである内臓脂肪の貯蓄につながります。さて、炭水化物、それも果糖の摂りすぎが一番悪いらしいということまでは分かりました。実際、そのことを調べてみる必要があります。


ウサギに特殊なえさを与えて脂肪肝を作ることができることからヒントを得て、えさに果糖、砂糖、デンプンを混ぜて、脂肪肝になる程度を検討してみました。すると、やはり果糖を混ぜたえさを食べたウサギの脂肪肝の程度が強く、次に砂糖、デンプンは予想通り軽い状態でした。もっとも、デンプンは米、芋、麦などから簡単に大量に摂取できますので、吸収が悪いからといって安心することは危険ですが。