肥満対策

大関教授は、「大人になってから食事や運動の習慣を変えることは容易でなく、肥満と診断された人の多数が治療に悩む。学童期はまさに将来の生活習慣を築く時期で、子どものうちから気を付けたい。」と話しています。肥満対策の方法は、食事、運動療法で大人と同じです。


しかし、学童期は成長期であるため、摂取カロリーを落とすのではなく、特に子どもが摂取しすぎる脂肪分を減少するなどして、栄養の中身に注意してください。親も一緒に肥満という場合も多数あるので「家族も一緒」で取り組むことが重要かもしれません。