生活習慣病

生活習慣病近年の報告では、子どもの肥満の割合は約10%にもなっています。このことについては、数十年前から比較すると小中学生の肥満の割合は約3倍になっています。


原因としては、お菓子やジュースなどの高カロリー食の過剰摂取、朝食を食べないといった食生活の乱れや、外で遊ぶなどの運動習慣の激減、ストレスなどがあげられます。幼少期の肥満は大人へ移行することが多く、生活習慣病の予防のためにも子どものうちから気をつけたいものです。