原因不明の脂肪肝

興味あることに、脂肪肝の患者さんは概して総コレステロール値は高くなく、いわゆる善玉コレステロールと表現されるHDL-コレステロール値が低いことに気がつきました。医師が学ぶ当時の教科書には、脂肪肝の検査値の特徴として「コリンエステラーゼ(肝機能、脂肪肝などの指標。数値が高くなると糖尿病、肥満などの疑いがある)が高値になる」との記載はありましたが、HDL-コレステロール値が低くなることには触れていませんでした。


私は、脂肪肝の実態を検討することから始めました。1987年のことです。東京女子医科大学附属成人医学センターの定期診断を受けた約6000人の実態調査をしたところ、なんと21・5%もの方が脂肪肝にかかっていたのです。予想を上回る割合の多さには驚いたものです。当時、脂肪肝は、肥満によるもの、糖尿病によるもの、アルコールの飲みすぎによるものが3大原因とされ、得に肥満によるものが多いとされていました。ところが当センターで調べたところ、肥満によるものは少なく、原因が分からない脂肪肝が多く存在するという結果を得て、「原因不明の脂肪肝」と表現しました。