メタボ

私は今「メタボリックシンドローム(以下、メタボと表記)は日本を滅ぼす」という表現が当たってしまうような危機感を抱いています。日本人の食生活は大きく変化しました。たとえばコンビニエンストアやファーストフード店が急速に普及したこと、日常の食事が不規則になったこと、魚介類を食べる機会が減少したこと、缶コーヒーや果物ジュースを飲みすぎることなどが挙げられます。かつて、大人がかかるから「成人病」と表現したものが、年齢ではなく生活習慣によってかかるという意味の「生活習慣病」に、さらに内臓脂肪が原因との意味で「メタボ」と呼び方が変わりました。