増えた脂肪肝

増えた脂肪肝2006年の夏、「日本沈没」という映画が再登場し、好評を博しました。この映画は、「地殻変動で、2年以内に陸地のほとんどが海面下に沈降する」という地球物理学者の説を裏づけるような巨大地震が各地で相次ぎ、日本列島が沈没する前に日本国民と資産を海外に脱出させる計画を描いたものです。


東海大学医学部の松崎松平教授は以前、大胆にも「(肝臓に脂肪がつきすぎた状態の)脂肪肝が日本を滅ぼす」と題した論文を発表されました。私も同感の意を持ったものです。