不完全燃焼

不完全燃焼レプチンが多い人の食欲は低下するはずですが、満腹中枢がスムーズに働かなくなります。したがって、糖代謝や脂質代謝がうまくできなくなって、さらに太りやすくなるのです。内臓脂肪が多い人ほど、不完全燃焼を起こします。


不完全燃焼の結果、燃えかすのレムナントが発生します。レムナントはコレステロールと違って、そのままの形で血管壁の中にまで入っていきます。壁は厚みを増し、血管は硬く、細くなり、血流は阻害されます。また、レムナントが赤血球の膜に入り込むと膜が固くなり、毛細血管を通れなくなって、毛細血管が破裂します。