血圧を上げる物質

脂肪細胞は糖代謝や脂質代謝をスムーズに行うための生理活性物質の総称をアディポサイトカインと呼びます。アディポサイトカインの代表は、食欲を低下させるレプチンと、傷ついている血管壁を修復したり、筋肉や肝臓でのインスリンの働きを高めたりするアディポネクチンです。しかし、中には血栓を作ったり、血圧を上げたりする物質も含まれています。内臓脂肪が多い人ほdpレプチンが多く、アディポネクチンが少なくなります。