脂肪肝

metabo14.jpg私は、内臓脂肪型肥満になる前段階として脂肪肝があると考えています。健康な人は肝臓についた脂肪は3~5%程度ですが、脂肪肝の人は30%以上もあります。食べたものの栄養素が小腸から吸収されると、門脈という太い血管から肝臓に取り込まれて中性脂肪として合成されます。


余分な脂肪はまず肝臓に蓄えられ、次に腸間膜の周囲、そして皮下に蓄えられます。この脂肪が溜まってしまった肝臓、すなわち脂肪肝は原因によって、「肥満によるもの」「糖尿病に伴うもの」「アルコールの飲みすぎによるもの」の3つに分類されます。