年を取るほど内臓脂肪は蓄積しやすい

年を取るほど内臓脂肪は蓄積しやすい人間は食べ物や飲み物から栄養を得て、それを燃料としてエネルギーを生み出して生きています。必要な分だけの燃料を摂っていればよさそうですが、そうはいきません。いざという時のために備える必要があるからです。


多めに摂った燃料は肝臓で中性脂肪の合成され、体の各部分に貯蔵されています。必要なエネルギーが足りなくなると、体の各部分に貯蔵された中性脂肪はカプセル(リポたんぱく)に包まれて血液中に流れ出し、全身の細胞に運ばれて、細胞内でエネルギー源として消費されます。こうしてエネルギーとして使われることを「脂肪が燃焼する」と呼んでいます。